雇用保険と年齢制限による加入条件について

例えば長年働いていた会社を、早期退職したとしましょう。
その場合、年金が支給されるまでの間は、まだ働きたいと考えている場合は、雇用保険の年齢制限について知っておきましょう。

雇用保険の年齢制限を早めに理解する

実は加入条件には年齢制限があります。

65歳になると、年金がもらえる年齢なので、現役労働者としてみなされなくなってしまうため、保険が適用されないのです。
そのため64歳なら保険に加入できますが、65歳の誕生日を迎えた時点から保険に加入する事ができなくなります。

64歳で保険に加入したとしても、すぐに誕生日を迎えて65歳になれば、保険が適用されなくなるのなら、わずか数ヶ月だけ保険に加入してもと思う人もいるかもしれません。

ですが、64歳で加入した保険に対して、65歳になったから、加入は取り消すなんて事はありません。
この場合は、高年齢継続被保険者として、引き続き継続して保険に加入する事ができます。

また高年齢継続被保険者を意識する場合、退職する日付にも注意しなければいけません。

つまり64歳で退職した人は一般被保険者に該当し、65歳になって退職すると高年齢継続被保険者に該当するわけです。
何が違ってくるのかというと、その後の失業保険の総支給額が大きく異なります。

一般被保険者だと高年齢継続被保険者と比較した場合、一般被保険者の方が失業保険の支給額は3倍以上高くなります。
つまり退職する場合は、64歳になる前に辞めた方がかなり、待遇がよくなるという事を覚えておきましょう。

雇用保険の被保険者種類や該当・適用について

先ほど、一般被保険者という言葉と高年齢継続被保険者という言葉を使用しましたが、雇用保険の被保険者は4つの種類に分類する事ができます。

まず一般被保険者とは、週に20時間以上働き、1ヶ月以上の長期雇用が見込まれている労働者の事です。

高年齢継続被保険者とは、65歳よりも前に保険に加入し、65歳を過ぎても継続して保険を適用している労働者の事です。

それ以外には、短期雇用特例被保険者は、本来短期労働者の場合は保険に加入できませんが、特例として、季節業務や過去に同じ会社で一定期間に2回以上の雇用を繰り返している人はこの特例に含まれます。

そして4つ目が日雇労働被保険者です。日雇いであっても日々雇用されている人は保険適用されるのです。
一般被保険者に該当しないケースでも、それ以外の条件に該当し、保険が適用されるケースがあるので、自分の働き方を確認してみて下さい。